イベント情報Event

イベント事例

本堂カフェ、ラーメン美味しかったです。

今日は3月19日、本堂カフェを開催しました。
お彼岸で忙しいなかでのイベントでした。
出店者が30店舗あまり、本堂が出展でひしめき合っていました。笑
今月のランチの出展店を探していたところ、住職が行きつけのラーメン雁木さんに呼びかけ、今月の19日がちょうど定休日の火曜日だということで、出展をしてくださることになりました。
期待以上の味で、スープをふだんあまり飲まない私も、完食してしまったww
多めに用意してくださっていたので、明日の夜の分の5食分、鍋に分けてもらいました。嬉しい。
寺犬ゴン太もみなさんに可愛がっていただき、夕方疲れ切っていました。笑


オプション全部乗せバージョン


春休みで暇な次男


せんのりきゅう改めキャロットキャベツの漫才


壷中コーヒー
美味しすぎて3杯飲んでしまったww


初出展の甘酒屋さん
ちょうど欲しかった菱六さんの米麹がたくさん買えてラッキー!


レモンのシフォンケーキが美味しすぎたcolle campoさん
来月も作ってきてください、とお願いしました^^


ベリーダンス入門レッスン


受付担当ゴン太



インド古典音楽ライブありがとうございました。

今日は「喜びに咲き誇るる音 インド古典音楽会」を本堂にて開催しました。
昨日の時点でほんの数人しか参加表明がなかったのですが、当日本当にたくさんの飛び入り参加者がいらっしゃって、ありがたかったです。
フランスからのお客様タブラ奏者のジュリアン・ディマイオロ氏 と、本昌寺ではおなじみイギリス人バーンスリー奏者シャイアンキショールさん。お二人の素晴らしいセッションは、このライブのサブタイトル「"The joyful blossoming of sound"
春に咲き誇る花々のような、喜びに咲き誇る」サウンドそのままのライブでした。
静かに目を閉じて聴き入っておられる方もいれば、ノリノリで踊るように聴いておられる方もいて、楽しいライブでした。
ジュリアンさんのお人柄も素晴らしく、帰る間際に、お客様や私にまで一人一人握手をして丁寧にお礼を言われていました。
寺犬ゴン太もみなさんに可愛がってもらいました。
ありがとうございました。







チベットと日本の音あそび ご案内

春のイベント第二弾です。

和楽器集団「東」の一員であり、世界各国で演奏、イタリアの太鼓集団の専属講師でもある、奈尾千弥(なおちひろ)さんと、チベットの演奏家テンジン・クンサンのコラボライブを本昌寺本堂にて開催します。(東のライブの様子はこちら

今回は、和楽器集団「東」ではなく、ちひろ君のソロだそうです。
チベットの演奏家クンサンさんと音あそび(コラボライブ)です。





お申し込みは本昌寺まで


歌舞伎文字と北野をどり イベントのお知らせ *残席2名*

歌舞伎文字勘亭流のイベントを本昌寺で開催されることになりました。
すでにお申し込みがありますので、あと残席2名です。
早い者勝ちです。
勘亭流を学んだあとは上七軒の歌舞練場にて「北野をどり」を観覧します。
以下、ご案内です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時 * 3月31日(日)

〜当日の流れ〜
【勘亭流講座】
  12時30分〜14時30分 (約2時間を予定)  
  於:本昌寺
〈過去に参加された方には、是非この機会に
  リクエストをお待ちしております!
  今回の上七軒に因んだ物や、今年の北野をどりの演目名にも
   是非、挑戦してみて下さい!〉
  ・歌舞伎に因んだものが書きたい!
  ・自分の座右の銘を書きたい!
  ・大切な人へあの言葉を書いて送りたい
  ・自分の店の屋号を勘亭流で書くとどんな感じ? 
   ‥などなど、お待ちしております!
  〈初めて参加される方には、
   基礎練習の御手本を用意しております〉
   ↓
 本昌寺さんより上七軒歌舞練場まで徒歩で移動(約15分)
 春の麗らかな陽気の中、おしゃべりしながら歩きましょう!
   ↓
【北野をどり見物】
  15時〜17時(予定)
  於:上七軒歌舞練場
  〈お茶席 15時〜15時50分〉
  〈北野をどり 16時開演〉
  ↓
現地にて解散(17時頃予定)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
勘亭流とは・・・
安永八年(1779)、経営不振に陥っていた中村座の座主・九代目中村勘三郎の依頼により、書道指南・岡崎屋勘六が『御贔屓年々曽我』の大名題看板を揮毫した所、たちまち勘六の書は市井の人々の評判を呼び、中村座の興行は大入満員続きになり経営が右肩上がりになったという。
それ以来、勘六の号“勘亭”からこの書体を“勘亭流”と呼ぶようになる。
以来、各芝居小屋も挙ってこの書体を用いる様になり、良い縁起を呼ぶ文字として今に受け継がれている。
この書体には三つの大きな特徴があり、
一、角を尖らせず丸みを帯びる事によって、興行に 関わる全ての
  無事円満を願う 
二、客席が埋まるようにと墨黒々と隙間なくたっぷ りと書き、
  大入り満員を願う 
三、お客を招き入れるように撥ねは外にでは なく内 へ撥ね、
  興行の大当たりを願う
この三つの特徴がある勘亭流は“書道”というより“絵”を書く感覚に近いともいわれ、書道の経験がなくても始めて頂けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
定員:6名様
集合場所:本昌寺 ※時間厳守(12時30分より講座が始まります)
※この時期は公共交通機関の混雑が予想されますので、時間に余裕を持ってお越し下さいませ。
   
時間:12時30分〜17時(予定)
参加費:7,500円
   (勘亭流講座受講料+北野をどり〈お茶席券付き観覧料〉)
講師:勘亭流 戯筆 川端耕司
※勘亭流講座で使用する必要道具類はこちらで用意致しますので、ウェットティッシュ等のみ御持参下さい。
お申し込み・お問い合わせは、
コメント・メッセージ、下記アドレスにて受付させて頂きます。
zarefude@kce.biglobe.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




インド古典音楽会開催します。



〜喜びに咲き誇るる音 インド古典音楽会 〜 のお知らせです。
'The joyful blossoming of sound'
'Indian Classical music concert'

インド古典音楽コンサートを開催します。

本昌寺では、3年くらい前から
毎年素晴らしい音色を奏でてくれるバーンスリー奏者のシャイアン・キショール氏を迎えて
演奏会を開いています。

そして今回はインド古典音楽の世界で
広く活躍されている、フランス人タブラ奏者の
ジュリアン・ディマイオロ氏を迎えて、
お二人のインド古典音楽コンサートを開催します。

シャイアン氏は音楽家としてはもちろん一流ですが、
彼の艶やかなバーンスリーの音色は、
私たちを忙しいマインドから解放し、
内側から幸せがあふれてくるような、
満ち足りた至福感に誘ってくれます。
シャイアン氏のバーンスリーを愛する気持ちと、
神へのバクティ(帰依心)の真摯さがその音色から感じられます。

そのシャイアン氏が"ビックマスター"と呼ぶ
ジュリアン・ディマイオロ氏との2人の共演が、
神のお計らいでしかないタイミングでおとずれました。


"The joyful blossoming of sound"
春に咲き誇る花々のような、
喜びに咲き誇る、2人のサウンドと
このまたと無い共演へ、
ぜひぜひお越しくださいませ。

◯とき 2019/3/13 (水) 19:00〜21:00


◯場所 本昌寺 本堂

◯チケット代 3000えん

◯定員 20名さま


◯申し込み お問い合わせ
寺ヨガ講師 さくらいゆき/ Yugala Kishori DD
Shantiyogasakurai080@gmail.com


お寺でイベント開催 

  
本昌寺では不定期で音楽ライブや体験教室などのイベントを開催しています。何かを始めたいけど、場所がない、とお困りの方はぜひ ご相談ください。
<定期開催>
毎月1日 13:00〜 祈祷会
毎月19日 11:00〜17:00   本堂カフェ毎週水曜 終日 お寺でカラダケア
毎週金曜   19:30〜20:30 ベリーダンス教室 

毎月1回 寺ヨガ(日程はご確認ください)
  • 日蓮宗 長壽山 本昌寺
    日蓮宗 長壽山 本昌寺 京都市上京区出水通六軒町西入七番町341
    電話 075-841-9030 FAX 075-812-5735
    E-mail info@honshoji.net
  • 資料請求・お問い合わせはこちら
    TEL075-841-9030
    mailお問い合わせ

©京都市上京区の日蓮宗 長壽山 本昌寺 All Right Reserved.